はじめに

デスクトップパソコンはノートPCには無い利点として高い拡張性があります。その拡張性をちょっとしたテクニックでより快適に使う事が出来ます。

こちらでは、その方法をご紹介します。

整理整頓に必要なグッズや道具

  • 延長タップ・・・個別にスイッチがついているもの
  • USBハブ・・・別途電源が必要ないタイプ
  • 両面テープ

著者の環境や状況

今回、ご紹介するのは自宅の書斎のデスクトップPCです。

すぐに出来るデスクトップPC快適術

1:キャスター付きの台車に乗せる

デスクトップパソコンはその大きさゆえ、デスクの上に置いてしまうと場所をとってしまうので、足元に置いている方も多いかと思います。

ですが、足元に置いているとホコリが溜まってしまい掃除も大変になってしまいます。

筆者はメタルラックにキャスターを付けて簡単に移動出来るようにしています。これだけでもメンテナンスや掃除がとても楽になります。

2:電源は手元でON/OFF可能に

外付けHDDやルーターなど周辺機器が沢山ありますね。

それらの電源が常に入った状態は電気を無駄に使うだけです、必要な時だけ電源を入れられるように、「ON/OFF付き延長タップ」をデスクトップパソコンの上に設置するだけで必要に応じて使うことが出来ます。

タップの間隔が狭くACアダプタが入らない場合は、短い延長ケーブルを利用します。筆者は100均一で購入した製品を利用しています。

延長タップはPCの上から下に落ちてしまわないよう、両面テープでデスクトップPCの天板の上に貼り付けています。

足元に延長タップを置かないのはホコリが入り込むことによって引き起こされる「トラッキング」を防ぐ為です。

3:USB端子も手前に

デスクトップPCは数多くのUSB端子を搭載していますが、多くは背面に集中しています。

USBハブを延長して手元に置くだけで気軽にUSBメモリなどを抜き差しする事が出来ます。

USBケーブルにテプラやシールを張っておけば、どの機器か一目で分かり抜き差しも簡単になります。

おわりに

拡張性が高いデスクットップPC、ちょっとした工夫で手元で色々なものを整理整頓する事が出来ます。

明日から簡単に出来ますので、より快適なPCライフになるようご参考になれば幸いです。

(image by 著者)