はじめに

パソコンで文字を打つには必ずキーボードを使わなければいけません。しかしキーボードには様々な文字入力方法があります。

今回はパソコンのキーボードの基本的な文字入力方法を紹介します。

使用しているキーボード

著者が使用しているのはVAIOの内蔵キーボードです。テンキー(キーボードの右側に配置されている数字キーのこと)が付いているタイプの物です。

ローマ字入力のやり方

STEP1:「半角/全角キー」を押す

キーボードの「半角/全角キー」を押すと、ローマ字入力モードになります。再度押すと元のようにアルファベットで打つ状態に戻ります。

ローマ字入力というのは、例えば「あ」は「a」のキーで「か」は「k」と「a」を押せば入力できるといういわば組み合わせの入力モードです。

かな入力のやり方

STEP1:「KANA」をクリックする

かな入力にするには、タスクバーの言語バーにある「KANA」をクリックすします。

かな入力とは、キーボードのキーに書かれている「あ」等のキーを押せば入力できるモードです。

この方法でおそらく出来るのですが、「Google IME」などで行うとできないことが多いです。できない場合は、標準の「MS IME」で行なってください。

変換方法

STEP1:スペースキーを押す

文字を変換する場合には、文字を打ってからスペースキーを押しましょう。

STEP2:再度スペースキーを押す

変換を1回するだけではメニューが表示されませんが、2回連続で押すとメニューが表示されます。

数字入力のやり方

STEP1:テンキーを使用する

数字を入力するにはテンキーを使用しましょう。

大文字入力のやり方

STEP1:「Sift」キーと「Caps Lock」キーを同時に押す

大文字の英語を入力するには、「Sift」キーと「Caps Lock」キーを同時に押しましょう。

そうすると「Caps Lock」が掛かりますので、英字キーを押せば自動的に全角の英数で入力されます。解除するときも同じ操作で出来ます。

半角英数入力のやり方

STEP1:「Caps Lock」キーを押す

半角の英数を入力する時は「Caps Lock」キーのみを押してください。自動的に半角英数モードになります。

解除するときも同様の操作をしてください。

おわりに

以上がパソコンのキーボードの基本的な文字入力方法でした。

(image by 著者)