「Google+(グーグルプラス)」はGoogleのサービスとして有名なSNSです。AKB48や姉妹グループのアイドルが利用していることでも有名で、「ぐぐたす」や「ぐーぷら」などの愛称で親しまれています。

実はGoogle+の投稿では、普通の文字だけでなく太字や斜体などの装飾を加えて投稿することができるのです。今回は、Google+の投稿でできる、文字の装飾方法を紹介します。

装飾する方法

太字

「##hogehoge##」のように、太字にしたい文字列の両端に「##」をつけると太字になります。

打ち消し線

「-hogehoge-」のように、打ち消し線を挿入したい文字列の両端に「-」をつけると打ち消し線が挿入されます。

斜体

「_hogehoge_」のように、半角英数字の文字列の両端に「_」をつけると斜体(斜め文字)になります。

全角英数字や日本語では斜めになりません。

組み合わせて使う

また、1つの装飾だけでなくいくつかの装飾を合わせて使うこともできます。

  • 太字+打ち消し線
  • 太字+斜体
  • 打ち消し線+斜体
  • 太字+打ち消し線+斜体

組み合わせて使う場合も、「斜体」の装飾が適用されるのは半角英数字のみです。

注意

文章の途中で装飾を入れる場合は、装飾する文字列の前後に半角スペースを入れる必要があります。

  • OK:「私は ##nanapi##が大好きです」
  • NG:「私は##nanapi##が大好きです」

OKの例では、「##nanapi##」の前と後ろに半角スペースが入っています。NGの例では、半角スペースがないので装飾は有効になりません。

おわりに

Google+(ぐぐたす)で、投稿する文字を装飾する方法を紹介しました。装飾を使いこなして、ぐぐたすライフを楽しみましょう!

(image by 著者)