iPhoneのFacebook(フェイスブック)などのアプリで、投稿する文字を装飾できるのを知っていますか?やり方は簡単!投稿時に記号を文字前に入れるだけです。ぜひ紹介する記号を辞書登録して、装飾を使いこなしてみて下さい!

記事のキャプチャは、端末はiPhone5、OSはiOS6.1.3を使用しています。
紹介する方法は全て、記号の直後の文字のみ装飾されます。記号と文字の間にスペースがあると装飾されず、文字間にスペースがあるとスペース以降の文字は装飾されません。

1.「☋」「✦」「ෆ」で太字

「☋」「✦」「ෆ」の3つの記号は、文字が太字になります。

投稿すると、「普通の文字」と比較してひと回り太くなっています。

活用例

「✦」は、文章のメリハリをつける記号として使用するのがオススメです。長文や箇条書きをまとめるのに最適ですね!

「ෆ」はハートのように見立てて顔文字と組み合わせると、さりげなく文字を強調できます。

コピペはこちらから!→「☋」「✦」「ෆ」

2.「ु」で太字 (記号も消える!)

「記号が残っちゃうと使いにくい…」という方は、同じく太字になる記号「ु」を使ってみて下さい!こちらは投稿すると…

左の記号が消えて太字になります!

「ु」は1行目に使うと装飾がされません。画像のように2行目以降に使うようにしてください。
コピペはこちらから!→「ु」

3.「꒱」でフォント変更

Windowsだと文字化けして「□」に表示されてしまいますが、実際は画像のような「3」を逆さまにした記号を使用します。

「꒱」を使用すると、フォントが変更されます。

投稿後、フォントが変わっています。(「ォ」や「ト」の違いがわかりやすいです)

活用例

「꒱」は顔文字と組み合わせて、フォントに合うようなコメントを装飾するとかわいらしく使えますね!

コピペはこちらから!→「꒱」

Facebook以外のアプリでも使える!

Twitterでも使える!

Twitterの投稿にも装飾を使用できます。同じように投稿画面で、文字の直前に記号を入れるだけです。

画像のアプリは「Tweetbot」になります。アプリによって、「ु」の記号が消えなかったり、装飾全てが反映されないことがありますので、お使いのアプリでご確認下さい。(公式アプリや「ついっぷる」では、装飾が反映されませんでした)

Instagramでも使える!

Instagramでも、投稿時や「コメント」への記入時に装飾の使用が可能です。

上記のアプリに加えて、以前はLINEでも文字装飾を使用できましたが、現在のバージョンでは使用できなくなりました!

おわりに

いかがでしたでしょうか?「なんだか味気ないなぁ」と思ったときに、ささっと加えてみてくださいね!

iPhoneの辞書登録の方法が知りたい方はこちら!→[nanapi:23241]

(image by 著者)