はじめに

Gmailを愛用している人は多いのではないでしょうか。Gmailとは、Googleが提供しているフリーのメールサービスです。

Gmailでは、ショートカットキーを使用することができます。便利なショートカットキーを使って、Gmailをサクサク活用しましょう!ショートカットキーの種類の一覧と各ショートカット機能の説明をご紹介します。

ショートカット一覧

まず、たくさんあるショートカットの一覧をご紹介します。

常に有効なショートカット

No. Windows Mac 操作
1 Ctrl + Enter ⌘ (command) + Enter メッセージを送信
2 Ctrl + .(ピリオド) ⌘ (command) + .(ピリオド) 次のウィンドウに移動
3 Ctrl + ,(コンマ) ⌘ (command) + ,(コンマ) 前のウィンドウに移動
4 Ctrl + Shift + c ⌘ (command) + Shift + c Cc の宛先を追加
5 Ctrl + Shift + b ⌘ (command) + Shift + b Bcc の宛先を追加
6 Ctrl + Shift + f ⌘ (command) + Shift + f From アドレスを変更

書式設定のショートカット

No. Windows Mac 操作
1 Crtl + B ⌘ (command) + B 太字
2 Crtl + i ⌘ (command) + i 斜体
3 Crtl + U ⌘ (command) + U 下線
4 Crtl + Shift + 7 ⌘ (command) + Shift + 7 番号付きリスト
5 Crtl + Shift + 8 Shift + 8 箇条書き
6 Crtl + Shift + L ⌘ (command) + Shift + L 左揃え
7 Crtl + Shift + E ⌘ (command) + Shift + E 中央揃え
8 Crtl + Shift + R ⌘ (command) + Shift + R 右揃え
9 Crtl + [ ⌘ (command) + [ インデント減
10 Crtl + ] ⌘ (command) + ] インデント増
11 Crtl + Shift + 9 ⌘ (command) + Shift + 9 引用
12 Crtl + K ⌘ (command) + K リンクを挿入

キーボード ショートカットを有効にする必要のあるショートカット

No. Windows Mac 操作
1 c c 新規メッセージを作成
2 d d 新しいタブで新規メッセージを作成
3 / / 検索
4 k k 新しいスレッドに移動
5 j j 古いスレッドに移動
6 n n 新しいメッセージに移動
7 p p 前のメッセージに移動
8 o または Enter o または Enter 開く
9 u u スレッドリストに戻る
10 e e アーカイブ
11 m m ミュート
12 x x スレッドを選択
13 s s メッセージやスレッドにスターを付ける
14 + + 重要マークを付ける
15 - - 重要マークをはずす
16 ! ! 迷惑メールを報告する
17 r r 返信
18 a a 全員に返信
19 f f 転送
20 Esc Esc 入力欄から移動
21 Ctrl + s ⌘ (command) + s 下書き保存
22 # # 削除
23 l l ラベル
24 v v 移動
25 Shift + i Shift + i 既読にする
26 Shift + u Shift + u 未読にする
27 [ [ 現在の表示から削除して前に移動
28 ] ] 現在の表示から削除して次に移動
29 { { アーカイブして前に移動
30 } } アーカイブして次に移動
31 z z 取消
32 Shift + n Shift + n 現在のスレッドを更新
33 q q チャット検索にカーソル移動
34 y y 現在のビューから削除
35 .(ピリオド) .(ピリオド) その他の操作を表示
36 ,(コンマ) ,(コンマ) Gmail ツールバーの最初のボタンにカーソルを移動
37 Ctrl + ↓ ⌘ (command) + ↓ 絵文字メニューを開く
38 k k 1 つ上の連絡先に移動
39 j j 1 つ下の連絡先に移動
40 o または Enter o または Enter 開く
41 u u 連絡先リスト ビューに戻る
42 e e 現在のグループから削除
43 x x 連絡先を選択
44 Esc Esc 入力欄から移動
45 # # 削除
46 l l グループ メンバー
47 z z 取消
48 Tab 次に Enter Tab 次に Enter メッセージを送信
49 y 次に o y 次に o アーカイブして次に移動
50 g 次に a g 次に a [すべてのメール] に移動
51 g 次に s g 次に s [スター付き] に移動
52 g 次に c g 次に c [連絡先] に移動
53 g 次に d g 次に d [下書き] に移動
54 g 次に l g 次に l [ラベル] に移動
55 g 次に i g 次に i [受信トレイ] に移動
56 g 次に t g 次に t [送信済みメール] に移動
57 ##(アスタリスク)次に a ##(アスタリスク)次に a すべて選択
58 ##(アスタリスク)次に n ##(アスタリスク)次に n 選択を解除
59 ##(アスタリスク)次に r ##(アスタリスク)次に r 既読を選択
60 ##(アスタリスク)次に u ##(アスタリスク)次に u 未読を選択
61 ##(アスタリスク)次に s ##(アスタリスク)次に s スター付きを選択
62 ##(アスタリスク)次に t ##(アスタリスク)次に t スターなしを選択
63 ? ? キーボード ショートカット一覧

常に有効なショートカット

特別な設定をしなくても使える、ショートカットの説明をご紹介します。

1:メッセージを送信

  • Windows:「Ctrl + Enter」
  • Mac:「⌘ (command) + Enter」

作成したメールを送信します。

2:次のウィンドウに移動

  • Windows:「Ctrl + .(ピリオド)」
  • Mac:「⌘ (command) + .(ピリオド)」

次のチャット ウィンドウや作成ウィンドウにカーソルを移動します。上図では、1→2→3とカーソルが移動します。複数のウィンドウを開いているときに便利です。

3:前のウィンドウに移動

  • Windows:「Ctrl + ,(コンマ)」
  • Mac:「⌘ (command) + ,(コンマ)」

前のチャット ウィンドウや作成ウィンドウにカーソルを移動します。上図では、1→2→3とカーソルが移動します。複数のウィンドウを開いているときに便利です。

4:Cc の宛先を追加

  • Windows:「Ctrl + Shift + c」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + c」

メッセージ作成中に Cc 欄に移動し、新しい受信者を追加することができます。よくCcを使う方は覚えておくと便利なショートカットです。

5:Bcc の宛先を追加

  • Windows:「Ctrl + Shift + b」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + b」

メッセージ作成中に Bcc 欄に移動し、新しい受信者を追加することができます。

6:From アドレスを変更

  • Windows:「Ctrl + Shift + f」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + f」

メッセージ作成中に From 欄に移動し、送信者のアドレスを変更することができます。

このショートカットは別の送信者アドレスを設定していないと使用することができません。

書式設定のショートカット

メッセージを作成する時に使えるショートカットの説明をご紹介します。

1:太字

  • Windows:「Crtl + B」
  • Mac:「⌘ (command) + B」

文字を太字にします。

2:斜体

  • Windows:「Crtl + i」
  • Mac:「⌘ (command) + i」

文字を斜体にします。

3:下線

  • Windows:「Crtl + U」
  • Mac:「⌘ (command) + U」

文字に下線を付けます。

4:番号付きリスト

  • Windows:「Crtl + Shift + 7」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + 7」

メッセージ内に番号付きリストを作成します。

5:箇条書き

  • Windows:「Crtl + Shift + 8」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + 8」

メッセージ内に箇条書きを作成します。

6:左揃え

  • Windows:「Crtl + Shift + L」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + L」

文字を左揃えします。

7:中央揃え

  • Windows:「Crtl + Shift + E」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + E」

文字を中央揃えします。

8:右揃え

  • Windows:「Crtl + Shift + R」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + R」

文字を右揃えします。

9:インデント減

  • Windows:「Crtl + [」
  • Mac:「⌘ (command) + [」

文字をページの左方向に移動します。

10:インデント増

  • Windows:「Crtl + ]」
  • Mac:「⌘ (command) + ]」

文字をページの右方向に移動します。

11:引用

  • Windows:「Crtl + Shift + 9」
  • Mac:「⌘ (command) + Shift + 9」

文字のブロックに引用の書式を設定します。

12:リンクを挿入

  • Windows:「Crtl + K」
  • Mac:「⌘ (command) + K」

リンクを挿入したい文字を選択し、ショートカットキーを押し、リンク先に指定するURLを入力し「OK」ボタンを押します。

選択したテキストにハイパーリンクを設定できました。

キーボードショートカットを有効にする方法

キーボードショートカットを有効にしないと使えないショートカットがあります。そのショートカットを使うための設定方法をご紹介します。

STEP1:「オプション(ギアマーク)」をクリック

「オプション(ギアマーク)」をクリックします。

STEP2:「設定」をクリック

プルダウンリストの「設定」をクリックします。

STEP3:キーボードショートカットを「ON」にする

キーボードショートカットを「ON」にします。

STEP4:「変更を保存」をクリック

「変更を保存」をクリックします。これでキーボードショートカットが有効になりました。

キーボードショートカットを有効にする必要のあるショートカット

キーボードショートカットを有効にすると使えるショートカットの説明をご紹介します。

1:新規メッセージを作成

  • 「c」

新しいメッセージを作成します。Shift + c キーを押すと、メッセージの作成画面が新しいウィンドウで開きます。

2:新しいタブで新規メッセージを作成

  • 「d」

作成画面を新しいタブで開きます。

3:検索

  • 「/」

検索ボックスにカーソルを移動します。

4:新しいスレッドに移動

  • 「k」

新しいスレッドを開いたり、新しいスレッドにカーソルを移動したりします。Enter キーを押すとスレッドが開きます。

スレッドとは、最初のメールへのすべての返信が1つにまとめられているものです。

5:古いスレッドに移動

  • 「j」

次に古いスレッドにカーソルを移動します。Enter キーを押すとスレッドが開きます。

6:新しいメッセージに移動

  • 「n」

スレッドを開いた状態で、次のメッセージにカーソルを移動します。Enter キーを押すと、メッセージが開いたり閉じたりします。

7:前のメッセージに移動

  • 「p」

スレッドを開いた状態で、前のメッセージにカーソルを移動します。Enter キーを押すと、メッセージが開いたり閉じたりします。

8:開く

  • 「o 」または 「Enter」

スレッドを開きます。スレッドを開いた状態では、メッセージが開いたり閉じたりします。

9:スレッドリストに戻る

  • 「u」

ページを更新して、受信トレイやスレッド リストに戻ります。

10:アーカイブ

  • 「e」

スレッドをアーカイブします。

アーカイブすると受信トレイから「すべてのメール」に移動されます。メールを削除しなくても受信トレイ内を整理することができます。

11:ミュート

  • 「m」

スレッドをアーカイブし、以降のメッセージは自分のアドレスが To 欄や Cc 欄にない限り、受信トレイに表示されません。詳細については、こちらをご覧ください。

12:スレッドを選択

  • 「x」

チェックボックスをオンにします。

13:メッセージやスレッドにスターを付ける

  • 「s」

メッセージやスレッドのスターを付けることができます。もう一度押すとスターを外すことができます。

14:重要マークを付ける

  • 「+」

重要マークを付けることができます。

15:重要マークをはずす

  • 「-(ハイフン)」

重要マークを外すことができます。

16:迷惑メールを報告する

  • 「!」

メールに迷惑メールのマークを付けることができます。迷惑メールのマークを付けたスレッドはスレッド リストから削除されます。

17:返信

  • 「r」

メールの送信者に返信します。Shift + r キーを押すと、メールの返信画面が新しいウィンドウで開きます。

18:全員に返信

  • 「a」

メールの受信者全員に返信します。Shift + a キーを押すと、メールの受信者全員に返信するための画面が新しいウィンドウで開きます。

19:転送

  • 「f」

メールを転送します。Shift + f キーを押すと、メールの転送画面が新しいウィンドウで開きます。

20:入力欄から移動

  • 「Esc」

現在の入力欄からカーソルを移動します。

21:下書き保存

  • Windows:「Ctrl + s」
  • Mac:「⌘ (command) + s」

メッセージを作成しているときに現在のテキストを下書きとして保存します。作成ウィンドウ、To、Cc、Bcc、件名 欄のいずれかにカーソルがないと、このショートカットを使用することはできません。

22:削除

  • 「#」

スレッドをゴミ箱に移動します。

23:ラベル

  • 「l」

ラベル メニューを開いてスレッドにラベルを付けます。

24:移動

  • 「v」

スレッドを受信トレイから他のラベル、迷惑メール、ゴミ箱に移動します。

25:既読にする

  • 「Shift + i」

メッセージを既読にします。

26:未読にする

  • 「Shift + u」

メッセージを未読にします。

27:現在の表示から削除して前に移動

  • 「[」

スレッドから現在の表示のラベルを削除して前に移動します。

28:現在の表示から削除して次に移動

  • 「]」

スレッドから現在の表示のラベルを削除して次に移動します。

29:アーカイブして前に移動

  • 「{」

現在のスレッドをアーカイブして前のスレッドに移動します。

30:アーカイブして次に移動

  • 「}」

現在のスレッドをアーカイブして次のスレッドに移動します。

31:取消

  • 「z」

前の操作を取り消します。

32:現在のスレッドを更新

  • 「Shift + n」

新しいメッセージがある場合、現在のスレッドを更新します。

33:チャット検索にカーソル移動

  • 「q」

チャット検索ボックスにカーソルを移動します。

34:現在のビューから削除

  • 「y」

  • 「受信トレイ」:アーカイブします。
  • 「スター付き」:スターをはずします。
  • 「ゴミ箱」:受信トレイに移動します。
  • ラベル:ラベルを削除します。

「迷惑メール」、「送信済みメール」、「すべてのメール」では機能しません。

35:その他の操作を表示

  • 「.(ピリオド)」

「その他の操作」プルダウン メニューを表示します。

36:Gmail ツールバーの最初のボタンにカーソルを移動

  • 「,(コンマ)」

Gmailツールバーの最初のボタンにカーソルを移動します。

37:絵文字メニューを開く

  • Windows:「Ctrl + ↓」
  • Mac:「⌘ (command) + ↓」

絵文字メニューを選択できます。Enter キーを押すと、絵文字メニューが開きます。

38:1 つ上の連絡先に移動

  • 「k」

連絡先リストでカーソルを1つ上に移動します。

39:1つ下の連絡先に移動

  • 「j」

連絡先リストでカーソルを1つ下に移動します。

40:開く

  • 「o 」または 「Enter」

連絡先を開きます。

41:連絡先リスト ビューに戻る

  • 「u」

ページを更新して、連絡先リストに戻ります。

42:現在のグループから削除

  • 「e」

選択した連絡先を現在表示されているグループから削除します。

43:連絡先を選択

  • 「x」

チェックボックスをオンにして連絡先を選択します。

44:入力欄から移動

  • 「Esc」

現在の入力からカーソルを移動します。

45:削除

  • 「#」

連絡先を削除します。

46:グループ メンバー

  • 「l」

グループ ボタンを開いて連絡先をグループに分けます。

47:取消

  • 「z」

前の操作を元に戻します。

48:メッセージを送信

  • 「Tab 次に Enter」

作成したメールを送信します。

「◯ 次に △」と記載されているショートカットは、◯の後、間髪をいれず△を押さないと実行されません。

49:アーカイブして次に移動

  • 「y 次に o」

スレッドをアーカイブして、次のスレッドに移動します。「34:現在のビューから削除」と「40:開く」を組み合わせたショートカットです。

50:「すべてのメール」に移動

  • 「g 次に a」

「すべてのメール」に移動します。削除していないすべての送受信済みメールを見ることができます。

51:「スター付き」に移動

  • 「g 次に s」

「スター付き」に移動します。

52:「連絡先」に移動

  • 「g 次に c」

連絡先リストに移動します。

53:「下書き」に移動

  • 「g 次に d」

「下書き」に移動します。

54:「ラベル」に移動

  • 「g 次に l」

「label:」演算子が入力された検索ボックスに移動します。

55:「受信トレイ」に移動

  • 「g 次に i」

受信トレイに戻ります。

56:「送信済みメール」に移動

  • 「g 次に t」

すべての送信済みメールに移動します。

57:すべて選択

  • 「##(アスタリスク)次に a」

すべてのメールを選択します。

58:選択を解除

  • 「##(アスタリスク)次に n」

すべてのメールの選択を解除します。

59:既読を選択

  • 「##(アスタリスク)次に r」

すべての既読メールを選択します。

60:未読を選択

  • 「##(アスタリスク)次に u」

すべての未読メールを選択します。

61:スター付きを選択

  • 「##(アスタリスク)次に s」

すべてのスター付きのメールを選択します。

62:スターなしを選択

  • 「##(アスタリスク)次に t」

すべてのスターなしのメールを選択します。

63:キーボード ショートカット一覧

  • 「?」

キーボード ショートカットの一覧が表示されます。

おわりに

マウスだけでは時間がかかるところを、ショートカットキーを使えばすばやく操作できて便利ですよね!ぜひ試してみてくださいね!

Gmailの詳しい使い方はこちらGmailの使い方ガイド | nanapi [ナナピ]

(image by amanaimages)
(image by 著者)