お知らせ

2010年3月31日以降、PayPalのメールアドレスを利用した支払いサービスは当面の間、商品やサービスの購入などの商用目的以外での利用を停止しております。日本国外から日本国内に居住するお客様に対して行われる個人間の支払いには適用されません。またオンラインショッピングや、商品やサービスをメールで支払う機能につきましては、これまでと同様、ご利用いただくことが可能です。

PayPalからお金を送金してみましょう

では実際に、PayPalで送金するとはどうゆう手順になるのか実際に行ってみましょう。今回は、AさんがBさんにランチ代の1000円を返すことを目的とします。

つまりこれはプライベートな取引であり、国内の取引になるので『PayPalの手数料』のとおり手数料は無料になります。

送金する前に確認すること

自分のPayPal口座にお金が入っているかどうか

口座にお金がない場合はクレジットカードで送金できます。しかしこの場合は手数料が送金金額の3.6%+40円かかってしまうので注意しましょう。

この手数料は、送金者か受領者かどちらが負担するかを話し合いで決め、送金者がPayPalからお金を送る際に選択します

相手がPayPalアカウントを持っているかどうか

プライベートな取引の場合は、お金を送る方も受け取る方もPayPalアカウント(口座)を持っていなければいけません。

PayPalアカウントを持っていない人へも送金はできますが(メールは送れますが)相手がアカウントを作らない限り送金は完了しません

送金方法

PayPalトップページからログインします

「送金」タブをクリック

ログイン後、自動的にマイページにいきます。「送金」タブをクリックしてください。

必要情報を入力し、「続行」をクリック

内容を確認し、「送金」

相手に送られるメールのタイトル、本文になります。オプションとなっていますが(書かなくてもOKですが)、何のお金を送っているのかを書いた方が相手も分かりやすいと思います。できるだけ書くようにしましょう。

「送金」ボタンを押すと送金が完了します。内容をきちんと確認しましょう!

送金が完了しました!

(おまけ)マイアカウントページに戻ってみましょう

残高が減っているので、ちゃんと送金できた証拠ですね!

このようにシンプルなステップで送金することができます。
プライベートな取引&国内取引なら手数料がかかりません。しかもメールで好きなタイミングで送金できます。

では、受け取りの方法はどうするのか?以下をご覧ください。
- PayPalでお金を受け取る方法

関連記事

PayPalの使い方特設サイト