お金を受け取ってみましょう

2010年3月31日以降、PayPalのメールアドレスを利用した支払いサービスは当面の間、商品やサービスの購入などの商用目的以外での利用を停止しております。日本国外から日本国内に居住するお客様に対して行われる個人間の支払いには適用されません。またオンラインショッピングや、商品やサービスをメールで支払う機能につきましては、これまでと同様、ご利用いただくことが可能です。

お金が送金される時点では受領者のPayPalアカウント(口座)はなくても大丈夫ですが(メールは送られてきますが)、お金を受け取るにはPayPal口座が必要です。

PayPalの送金方法(プライベートな取引)』に続いて、今度は実際にPayPalから送金されたお金を受け取ってみましょう。Aさんから返された1000円をBさんが受け取ることを目的としています。この場合はプライベートな取引となります。

お金を受け取る前に確認すること

PayPalアカウントは持っていますか?

PayPalで送金されたお金を受け取ることができるのは、PayPalアカウントを作り、口座を持っている人のみです。

口座の作り方はPayPal(ペイパル)の新規登録方法をご覧ください。

手数料はどちらが負担しますか?

相手がPayPal口座から送金する場合は手数料が無料ですが、クレジットカードの場合は手数料が送金金額の3.6%+40円かかります。
この手数料は、送金者か受領者どちらが負担しても良いシステムになっています。よって、双方で事前に話し合いをして決める必要があるということです。

システム的には、送金者がPayPalからお金を送る際に「どちらが負担するか」を選択します

受け取り方法

メールでお知らせが来ます

お金が支払われたら、送金者からのメールが届きます

承認作業をするため、PayPalサイトにいきます

メールの本文にリンクがあるので、そこから移動してもOK

30 日以内にPayPalサイトから受諾か拒否かをする必要があります。受領または拒否のどちらも行わない場合はキャンセル扱いになり、お金は送金者のアカウントに払い戻されてしまいます。メールが来た=お金を受け取った、ではないので注意しましょう!

ログイン後、マイページに自動的に移動します

「承諾」をクリック

「最近の取引」にある「承諾」ボタンをクリックしましょう。

「支払いの承諾」をクリック

お金の受け取りが完了しました!

(おまけ)マイアカウントページに戻ってみましょう

ちゃんとお金が増えていますね!これで受け取り(受領)が完了しました。

関連記事

PayPalの使い方特設サイト