April 22, 2020

ブラインドタッチは指で覚えよう!正しいやり方を身につける方法 | DigitalFan [デジタルファン]

無料で出来る!ブラインドタッチの練習方法 自己流で覚えたタイピングの癖ってなかなか直りませんよね。 しっかり意識して直せば、もっと早くキーボードを打つことができるのになあ、と心の中で思っている人はたくさんいるのではないでしょうか?この記事は、私が20数年間のタイピングのくせを直して「ブラインドタッチ(タッチタイピング)」が出来るようになった練習方法です。これは、初心者の方にもオススメの方法になっております。 具体的にブラインドタッチの練習方法を紹介していきますので、ここらでしっかり身につけて新たなパソコンをライフを過ごしてみましょう! 正しいブラインドタッチを身に付けるコツSTEP1:「指で覚える」ことを理解するたとえば、自転車に乗るのは体でバランスをとることを無意識に覚えています。これと同じように体(指)に覚えさせます。 STEP2:ホームポジションを正確に理解するホームポジションとはキーボードの「F」と「J」のキーをさわってみてください。他のキーと違い、触ってみるとポッツリとした感触があります。 キーボードの種類によっては多少キー配列に違いがあります。これに、 左手の人差し指は「F」右手の人差し指は「J」のキーをポッツリの上に置いていきます。そうすると、自然に 左の小指は「A」薬指は「S」中指は「D」に置かれ、 右の小指は「;」(セミコロン)薬指は「L」中指は「K」になります。これをホームポジションといいます。 ポッツリがあるので、キーボードを見ないでも、このポジションに手をおくことができます。いま、手元にキーボードがある場合はすぐにやってみてください。ホームポジションの場所はすぐに覚えられます。 STEP3:キー配列 次は、キー配列です。ブラインドタッチを習得するためにはキーボードをそれぞれ決まった指で打つ必要があります。キーボードの画像を見ながら、解説を読んだほうが理解できると思います。 まず、真ん中の赤い線の右側が右手、左側が左手の指で打ちます。指ごとに色分けしています。小指は黄色、薬指は水色、中指は赤色、人差し指は緑色。黄色の外側は小指の担当になります。 STEP4:キー配列は無理に覚えないこれらのキー配列はすでに覚えている人はいいのですが、覚えていないひとは無理に覚える必要はありません。 では、覚えていない人はどのようにするのかというと、先ほどダウンロードしたキー配列の画像を、プリントアウトしディスプレイの右上にセロテープで画面のじゃまにならないように貼り付けて下さい。 貼り付けるのが嫌な人は次のステップでのトレーニングの時に、邪魔にならない大きさのウインドウで開いて、キーの位置の確認に使います。 これは、キーボードを見ずにキーボードを打つのに使います。 STEP5:指で覚えるトレーニングできるだけ、その日のうちのパソコンを使う一番最初に、このトレーニングを行なって下さい。 まず、Windowsの標準ソフトの「メモ帳」を立ち上げます。文字が打てればどんなエディタソフトでもかまいません。トレーニングをはじめる前にポイントとして、キーボードは見ない事を約束してください。 「メモ帳」を開いたら、手をホームポジションにおいて、「入力モード」を半角英数のまま、 a a a a …