秋葉原はグルメの街! と言っても信じてもらえないかもしれない。しかしながら「萌え」や「メイド」だけの街ではないのは確かであり、グルメ人間が大絶賛する美食の街でもあるのだ。

朝から晩まで秋葉原グルメ!!

そこで今回、皆さんが「朝食からディナーまで秋葉原で飯を食いまくる」ための案内をさせていただきたいと思う。高速バスや始発電車で秋葉原にきても大丈夫なように美味しい朝食の店も案内するぞ!

朝食 / みのがさ

JR秋葉原駅の昭和通り口から出て徒歩2分ほどの場所にある、立ち食いそば屋「みのがさ」は、朝食マニアにとって欠かせない秋葉原グルメ。早朝6時から営業しており、日によっては開店前から行列ができる朝食のメッカ。

ここの蕎麦の味には定評があり、そば粉の薫りが際立っていると評判だ。ウマいそば屋にきたら、「そば屋のカレーライス」も食べなくてはなるまい。そばとカレーがセットになった「ミニカレーセット」を強く推奨する。

みのがさ 神田和泉町店 (秋葉原/そば)

みのがさ 神田和泉町店 (秋葉原/そば)★★★☆☆3.52 ■予算(夜): ~¥999

tabelog.com
  • みのがさ
  • 東京都千代田区神田和泉町1-3-2
  • 6:00〜19:00 土日祝6:00〜15:00
  • 年中無休

ランチ1軒目 / 九州じゃんがららあめん

秋葉原は麺料理がウマイといわれている。だったら朝に続いて昼も麺料理にしよう。どうせだったらランチは2軒連続で麺を食べるべし! ということで、まずは定番の人気ラーメン店「九州じゃんがららあめん」を食べよ。秋葉原の中心部にあるからアクセスしやすいのも良い感じ。

人によってはスープがあっさり系で物足りないと感じるかもしれないが、ガッツリとテーブル上にある高菜と紅生姜を投入して完成させるのがツウ。紅生姜をスープが真っ赤になるくらい入れるのがツウ。遠慮せずに好きなだけブチ込んで、美味しいラーメンに仕上げよう。オススメは具だくさんの「全部入り」である。

九州じゃんがららあめん 秋葉原本店 (秋葉原/ラーメン)

九州じゃんがららあめん 秋葉原本店 (秋葉原/ラーメン)★★★☆☆3.50 ■予算(夜): ~¥999

tabelog.com
  • 九州じゃんがららあめん
  • 東京都千代田区外神田3-11-6
  • 10:30〜23:30 土日祝9:30〜23:30
  • 年中無休

ケバブも食べたいけどガマン!?

秋葉原と言えばケバブ屋のメッカ。あらゆる場所にケバブ屋があり、ドコで食べても基本的に美味しい。どの店で食べてもソースが似ているせいか味付けも似ているが(笑)、大きな違いは具の量、具の割合、具の火加減である。その違いを楽しむのが秋葉原のケバブグルメの醍醐味。

しかし今回はケバブはスルー。秋葉原でケバブを食べるときは「今日はケバブ巡りするぞ!」と決めたときが良い。ケバブを食べ歩いて、いろんな店の違いを見つけるのが、秋葉原ケバブグルメの流儀である。

ランチ2軒目 / 関取ラーメン竜軒

定番ラーメン「九州じゃんがららあめん」の次は、知る人ぞ知るラーメン屋「関取ラーメン竜軒」に行くべし。ここの千両ラーメンはいわゆる「全部入り」のラーメンなのだが、他店の全部入りと同じと思ってはいけない。なんと骨付き肉がドカーンと1本まるごと投入されているのである!

その肉の正体はリブ肉。もちろん、その肉とは別に薄切りのチャーシューがたっぷりと入っている。若干だがチャーシューに独特の臭みがあるときがあり、それが苦手という人もいるかもしれないが、麺もスープも普通に美味である。

全部入りはボリュームがありすぎると思ったら、リブ肉だけが入った「リブ肉ラーメン」もあるので、それを注文してもいいかもしれない。

関取ラーメン 竜軒 (秋葉原/ラーメン)

関取ラーメン 竜軒 (秋葉原/ラーメン)★★★☆☆3.31 ■予算(夜): ~¥999

tabelog.com
  • 関取ラーメン竜軒
  • 東京都千代田区外神田4-3-12
  • 10:30〜20:00
  • 年中無休

台湾人にも大人気 / かんだ食堂

いつの間にかアジア各国の秋葉原ガイドブックに掲載されてしまい、外国から観光客が訪れるようになった「かんだ食堂」。現地人、常連、外国人が多い食堂であり、客層に秋葉原のオタク系な人は多くない。

ここの「しょうが焼き定食」は絶品であり、「秋葉原に行ったらここで生姜焼き定食しか食べない」という人もいるほど。まあ、今回は満腹なので食べないけど!

かんだ食堂 (秋葉原/定食・食堂)

かんだ食堂 (秋葉原/定食・食堂)★★★☆☆3.51 ■予算(夜): ~¥999

tabelog.com

3時のおやつ / 竹むら

秋葉原に行ってスイーツが食べたくなったら「竹むら」は絶対に外せない。アニメ「ラブライブ!」に登場する主人公キャラクターの実家のモデルとして使われており、まさに聖地としてファンから崇められているスイーツ店である。

しかしながら、この店はアニメだけで有名なわけではない。建物が東京都選定歴史的建造物に指定されているだけでなく、名物「揚げまんじゅう」が古くから愛されているのである。

非常にソフトで甘さが控えめ。よって、甘いものが苦手という人も、お茶を飲みながら美味しく食べられるのが素晴らしい。

ここの揚げまんじゅうは「揚げてるからこそ美味しい」と言われているのだが、それには秘密がある。揚げまんじゅう専用のまんじゅうを使用しているため、揚げるために特別に作られたまんじゅうを使用しているのだ。まんじゅうの既製品を使用しているわけでないのだ。

ちなみにこの建物、仮面ライダー響鬼のロケ地としても知られている。

竹むら (淡路町/甘味処)

竹むら (淡路町/甘味処)★★★☆☆3.59 ■予算(夜): ~¥999

tabelog.com
  • 竹むら
  • 東京都千代田区神田須田町1-19
  • 11:00〜20:00-
  • 日祝月

ディナー1軒目 / ガンダムカフェ

秋葉原はネオンの街。夜になると美しいネオンが輝きだし、腹も減ってくる。とりあえずディナーも2軒まわることを前提に行動しよう。まずは「ガンダムカフェ」で、ガンダムの作中に登場した料理を再現した定食を食べるべし。

特に「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」で主人公たちが火星で食べていた料理を再現した、「鉄華団ごはん」と「優しさと憧れと」の2種類が人気。どちらも再現プレートと呼ばれており、アニメの料理をそのまま忠実に再現されているのがウリ。

実際に食べてみたが、ライス代わりに使われているポレンタ(粗挽きとうもろこし粉で作ったコーンミール)がけっこうウマイ! ふわっとしてるが、しっかり食べ応えがある。ポレンタは北イタリアなど小麦粉が育ちにくい地域で主食にされていた歴史があり、火星の栄養価の低い土で農業をするには、とうもろこしを主食とするのがベストだった。……というストーリー背景があるのかもしれない。

ガンダムカフェ 秋葉原店 (秋葉原/カフェ)

ガンダムカフェ 秋葉原店 (秋葉原/カフェ)★★★☆☆3.01 ■ガンダムファンのためのオフィシャルカフェがJR秋葉原駅前に誕生! ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

tabelog.com
  • ガンダムカフェ
  • 東京都千代田区神田花岡町1-1
  • 10:00〜23:00 土8:30〜23:00 日祝8:30〜21:30
  • 年中無休

お土産 / スイーツパラダイスケーキショップ

秋葉原のヨドバシカメラ1階には、激安ケーキを販売している「スイーツパラダイスケーキショップ」がある。ここは100円台からケーキを販売しているのだが、ケーキが安いだけでなく、アニメとコラボレーションしたケーキを取り扱っていて人気だ。

たとえば「Re:ゼロから始める異世界生活」のケーキはかなり売れまくっていて、お土産にはピッタリ。こういうコラボスイーツは他店だと2000円以上してもおかしくないのだが、ここでは1000円台で買えてしまう。激安ゥ!

スイーツパラダイス ケーキショップ ヨドバシAkiba店 (秋葉原/ケーキ)

スイーツパラダイス ケーキショップ ヨドバシAkiba店 (秋葉原/ケーキ)★★★☆☆3.00 ■予算(夜): ~¥999

tabelog.com
  • スイーツパラダイスケーキショップ
  • 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba 1F
  • 9:30〜22:00
  • 年中無休

ディナー2軒目 / 肉の万世 呉越同舟

ガンダム飯も食ったし、お土産も買った! あとはラストを飾るディナーを食うだけ! ついでに酒も飲みたい! それならば、秋葉原駅から万世橋を渡って「肉の万世 呉越同舟」に行くしかないだろう。

あんまり知られていないので本当は教えたくないのだが、ここ、実は、30分390円でアルコール飲み放題「大人のドリンクバー」を実施しているのである! 最低利用時間は1時間なので、実質1時間780円でアルコール飲み放題! 一品料理を注文しなきゃダメとか、2名以上じゃなきゃダメとか、そういう邪魔な条件はなく、飲み放題だけ注文して飲みまくって帰ってもOK!!

今回は腹が減っていたので、揚げパーコー(390円)とから揚げ5個(490円)を注文! そして生ビールをおかわりしまくり、ガンガン飲みまくった。もちろん、日本酒、ハイボール、サワー、カクテル、そのほかソフトドリンクも飲み放題。たまんねえな!

呉越同舟 (秋葉原/居酒屋)

呉越同舟 (秋葉原/居酒屋)★★★☆☆3.44 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

tabelog.com
  • 肉の万世 呉越同舟
  • 東京都千代田区神田須田町2-21 肉の万世 秋葉原本店B1F
  • 17:00〜22:30 土日祝17:00〜21:00
  • 年中無休

秋葉原グルメを堪能せよ

ということで、朝から深夜まで、じっくりと秋葉原グルメを堪能することができた。

今回はランチを麺料理にしてみたが、「丸五」のトンカツにしたり、「サンボ」の牛丼にしてもいいだろう。どちらも秋葉原の老舗であり、秋葉原好きの間で定評のある人気店だ。デカ盛りを激安価格で食べたい人は、ライスと揚げ物が山盛りの定食が食べられる「あだち」のランチもオススメだ。

丸五 (秋葉原/とんかつ)

丸五 (秋葉原/とんかつ)★★★☆☆3.97 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

tabelog.com

牛丼専門サンボ (末広町/牛丼)

牛丼専門サンボ (末広町/牛丼)★★★☆☆3.58 ■予算(夜): ~¥999

tabelog.com

ごはん処あだち (末広町/定食・食堂)

ごはん処あだち (末広町/定食・食堂)★★★☆☆3.17 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

tabelog.com

早じまいするケースもある

最後にアドバイスをひとつ。秋葉原の人気店は品切れになって早じまいするケースが多くある。

たとえば、人気とんかつ店「丸五」は行列ができるほどの人気店で、展示より早く閉店してしまう事がある。よって、どうしても食べたい場合は早めに店に行くことを強く推奨する。

若人よ、秋葉原を目指せ。そして丸々と太って帰れ!

(image by 筆者)