日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」が開催され、多くのゲーム開発者が会場となったパシフィコ横浜に訪れた。通常のゲームショウや一般向けイベントとは違い、ほとんどの客がゲーム開発者。それゆえ、最新のゲーム技術を目の当たりにして聞こえてくる声は「ここはアレに応用できるな」「コンソール次第でアレもできそう」など、一般客とは違った感想がほとんど。

まさにVR元年

なにより注目を集めたのが、VR(ヴァーチャルリアリティ)技術である。そもそも、出展したブースのほとんどがVR、AR、MRなどの技術を駆使したゲームを展示しており、まさに「VR元年」を実感させる雰囲気のなかイベントが進行した。

あらゆる分野に応用

また、このイベントには「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親、堀井雄二氏も登場し、ステージ上で講演した。それほど、ゲーム業界の人たちが注目するイベントなのである。

そこで今回、「CEDEC 2016」のなかで特に「革命的!」と感じたVR関連コンテンツ(技術)を3つ抜粋してご紹介したいと思う。どれも我々のエンターテインメントに新たな可能性を感じさせてくれる技術であり、それはあらゆる分野に応用できそうなものでもあると強く感じた。

CEDECに登場した凄いコンテンツ技術3選

1. 女子高生とたわむれるVRすげええええ!

女子高生の制服を着たアイドル「アップアップガールズ」とたわむれることができる、男にとって夢のようなコンテンツで、タイトルは「アプガが僕に恋をした(仮)」。

これは PlayStation VR のハイスペックな使用が可能にした素晴らしい技術で、4K画質でありながら、60fpsの高クオリティを維持したまま楽しむことも可能なコンテンツだという。

これはVRゲームというより「VRドラマ」という位置付けのコンテンツで、視聴者はドラマの中に入り込んで出演者たちと行動を共にし、あらゆる体験を共有するというもの。


アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba

アップアップガールズ(仮)最新情報さんのブログ「アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba」です。最新記事は「2月19日15時~ニコ生「アップアップガールズ(2)最終オーディション」」です。

ameblo.jp

2. 印刷技術でVR革命すげええええ!

スマホの液晶画面に反応する印刷物。この技術は、明治大学の加藤邦拓さんたちが主軸となって開発した技術で、VRを遊ぶ際に物理的なコントローラを不要にすることも可能な革命的技術。その名も「MilboxTouch」。

具体的にどんな技術なのか? たとえばPlayStation VRで遊ぶ際、頭を動かす以外の操作はPS4のコントローラ等を使用することになるケースがほとんど。しかし、スマホを使用したVRヘッドマウントディスプレイは、ゲーム機ではないためコントローラを使用するのが難しい

そこで活躍するのが、導電性インクで印刷したフィルムである。革命的な技術だが使い方は簡単。フィルムをスマホの画面に接触させるようにセットするだけ。

それだけで、プレイヤーがフィルムに触れれば、スマホの画面に直接触らなくても、スマホを操作することが可能なのである(ゲームに合わせてフィルムの設計を変える必要あり)。

よって、VRヘッドマウントディスプレイにフィルムを搭載すれば、それ自体がコントローラとなって操作ができるわけだ。この記事の写真のように、指でVRヘッドマウントディスプレイの側面(フィルム)をなぞるだけでゲームを操作できる。このときはデモとしてVR仕様の「パックマン」がプレイできた。

MilboxTouch | みるボックスタッチ

「みるボックスタッチ」は、タッチインターフェース搭載型ダンボール製VRゴーグルです。ゴーグル上から、タップやスクロール、スワイプといった様々なスマートフォンの入力操作をすることが可能です。

milbox.tokyo

3. ARでリアルタイム対戦ゲームすげええ!

現実の映像に仮想のデジタル映像を付加する「AR」と呼ばれる技術。世界中で人気のスマホゲーム「ポケモンGO」もAR技術を使用したゲームだ。そんなARの進化形ともいえるゲームが展示され、多くの人たちが体験し、楽しんでいた。

それは、株式会社meleapの「HADO」。2人のプレイヤーが向き合って、VRヘッドマウントディスプレイとリストバンドを装着。視界にはさっきと変わらない風景が映っている。しかし、そこに仮想のデジタル演出がプラスされ、手を振ったり、気を飛ばす動きをすると、輝く波動を飛ばすことができるのである。

まさに、自分が「ドラゴンボール」の世界でバトルしているような気分になるのである! 子どものころカメハメ波を出そうと必死になった人もいるかもしれないが、この技術を使えばあっさりと波動を飛ばすことができるわけだ!

波動を飛ばして相手にぶつければダメージを与えることができ、有利にゲームを進めることが可能。技術的にさらに複数のプレイヤーで対戦することが可能で、近日「天下一HADO会」を開催する予定だという。腕に自信のある人は参加してみてはいかがだろうか。

HADO

自らの手で技を放つ!ウェアラブルデバイスとARで実現するテクノスポーツ

meleap.com

ゲームの世界に革命をもたらす

「CEDEC 2016」に参加した多くのゲーム開発者が、新たな技術に驚き、興奮し、その場で仲間たちとディスカッションする光景まで目にした。

ここで披露された技術が世間にお目見えするのも時間の問題。来年の「CEDEC 2017」では、さらなる感動と驚きでゲーム業界に新たな光を生み出すだろう。VRという技術は、確実にゲームの世界に革命をもたらすものになりえるのは間違いない。

(image by 筆者)

今回は女子高生たちに囲まれているが、エイリアンだらけの惑星が舞台になったり、F1レーサーになってコースを疾走する主人公になったり、あらゆる可能性を秘めている。