2016年10月13日、ついに家庭用ゲームが新時代に突入した。PlayStation VR(以下 PSVR)が発売日を迎えたのである。日本では新しいゲームハードが発売となると、予約をしていない人たちが大手量販店の前に長蛇の列を作るのが風物詩となっているが、今回も同様に盛り上がるのだろうか。

そこでミライFANでは日本でも有数の大型家電量販店であるヨドバシカメラの新宿西口本店に密着取材を敢行。PSVR発売日の様子をレポートする。

発売日前日

まずは発売日前日18時頃、ヨドバシカメラ新宿西口本店のゲーム・ホビー館に足を運んでみた。

店頭には大きなポップが用意され、朝9時30分より数量限定で発売されると案内されていた。販売台数についてのアナウンスはなく、スタッフに確認をしても台数までは明かせないとのことだった。

もちろんこの時点で予約は受付締切。予約をしていない人がPSVRを入手するには、列に並んで購入をしなければならない。販売開始時間前に完売する可能性があるとも記されているが、スタッフも「どのくらい人が集まるのかは正直未知数」だという。

ちなみに、まだ営業時間中ということもあってか、この時点から並んでいる人は皆無であった。翌日はいったいどんな景色になっているのだろうか。

発売日当日 午前6時

そして夜は明け、午前6時に再び新宿へと戻ってきた。この日の夜はかなり気温が下がり、空気がひんやりとしている。いよいよ冬が近づいて来ているということを実感せざるを得ない。肌寒さを感じながらヨドバシカメラ新宿西口本店ゲーム・ホビー館へと向かった。

ところが、ゲーム・ホビー館の前はガランとしていて、誰一人並んでいない。予定を早めて販売してしまったのだろうか。それとも、まさか誰も並んでいないという予想外の事態が起こってしまったのだろうか……。

すると、シャッターに1枚の貼り紙があることに気が付いた。ゲーム・ホビー館ではなくマルチメディア館での販売になったようだ。慌ててそちらに移動してみることにした。

長蛇の列を発見!

マルチメディア館の前に移動してくると、すでにかなりの人数が列を形成していた。人数にしておよそ70〜80名くらいだろうか。

そして列の最後尾にはすでに「本日の販売は終了しました」と掲示されていた。これはすごい!

列の先頭に並んでいた方は前日の閉店時間から並んでいたそうだ。最初はゲーム・ホビー館の前に並ぼうとしていたが、急きょマルチメディア館の前で並ぶように変更になったと店員から聞き、そのまま移動してきたとのこと。閉店時刻から並んでいた人数はおよそ30名。終電の時間から列に並ぶ人も多く、午前4時頃には販売終了の看板が出されたそうである。

この時点での気温は16度。列に並んでいる人はほぼ全員がこの場で夜を明かしたわけだ。寝袋に入って寒さをしのいでいる人もいたが、比較的薄着で寒さに凍えている人も見受けられた。かなりつらい夜となったことは容易に想像がつく。

午前9時 いよいよ列が動いた!

時刻は午前9時を過ぎ、ついにマルチメディア館のシャッターが開くと、列の先頭から少しずつ店内への誘導が始まった。発売時間は間もなくである。

店内に入ることができた人たちはおそらく、間もなく販売開始ということよりも暖かい場所に移動できたことの方が嬉しかったのではないだろうか。

午前9時半 ついにPSVR販売開始!

そしてついに発売開始時刻を迎え、一台ずつ丁寧に商品が受け渡されていった。

寒空の下、ほぼ半日列に並んで念願のPSVRを手にした人たちが続々と帰路についていく。PSVRを入手し、喜びの表情を浮かべる人は少なく、やはり長時間に及ぶ順番待ちで疲弊しきった表情をしている方が圧倒的に多かったのが印象的であった。まずはしっかり暖をとり、体をゆっくり休めてからPSVRをお楽しみいただきたいものである。

午前10時 販売終了

長蛇の列が形成されていたマルチメディア館の前は、午前10時前にはすっかり誰もいなくなっていた。そして午前10時過ぎには販売の手続きもすべて終了。まるで何事もなかったかのように、ヨドバシカメラ新宿西口本店はいつもと同じ姿へと戻っていた。

初日の販売状況を見る限り、PSVRの反響は上々といったところだろう。これからどこまでPSVRが家庭に普及していくのか、爆発的なヒット作が生まれるのか、今後の展開を楽しみに見守っていきたい。

ちなみにヨドバシカメラ新宿西口本店では、現時点でPSVRの次回入荷日は未定となっており、入荷が決まり次第ホームページで告知をするとのことだ。今回手に入れられなかった方はぜひチェックをしておこう。

(image by 筆者)