ゲーム好きにはたまらないイベント「東京ゲームショウ2016」が9月15日〜18日に開催!毎年、多くの来場者で盛り上がりを見せています。

今年は「VR元年」と言われ、複数のメーカーからVRヘッドセットが発売していますね。そして、今回のゲームショウではVRコーナーが新設されます!

VRコーナーを設置

2015年に行われたゲームショウでも、VRゲームを展示しているブースは存在しました。しかし、自社のブース内での展示だったため長蛇の列ができ、ゲームをプレイするのに何時間もかかってしまいました。

「東京ゲームショウ2016」では多くの方にVRを体験してもらうため、VRコーナーを新設。見通しでは100台以上のVRデバイスが展示される予定です。

40作品以上のVRゲームが展示

ソニーは、発売を10月13日に控えた「PS VR」を自社ブース、VRコーナーのそれぞれに展示し、「PS VR」の試遊機だけで50台を超えるとのこと。

グリーはVRに特化したブースを出展、スクウェア・エニックスと開発中のゲーム「乖離性ミリオンアーサーVR」が体験できます。さらに、KDDIが国内通信事業者として初めて、通信を活用した複数人参加型のVRデモコンテンツ「Linked-door loves Space Channel 5」を出展します。

また、会場全体では40作品を越えるVRゲームが登場。バンダイナムコエンターテインメントの「サマーレッスン」やカプコンの「バイオハザード7」が注目を集めています。

開催概要

開催場所 幕張メッセ(〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1)
開催日時(ビジネス) 9月15日(木)16日(金)10:00~17:00
開催日時(一般) 9月17日(土)18日(日)10:00~17:00
入場料(ビジネス) 招待制(事前登録申込券をお持ちの場合は入場無料)
入場料(一般) 一般(中学生以上):前売1,000円/当日1,200円(税込)小学生以下:入場無料
公式サイト TOKYO GAME SHOW 2016

デジファン編集部が潜入してきます!

デジファン編集部が「東京ゲームショウ2016」に潜入し、その模様を後日お届けします。行きたいけど行けそうにもないという方はぜひチェックしてみてください。

(image by TOKYO GAME SHOW 2016)