東京ゲームショウでは、来場する万人が同じ感動を体験してもらいたいと思う。しかし、ことVRに限っては、その映像も体験もなかなか共有するのは難しいだろう。

この記事を読んでいる読者の皆さんならば、VRコンテンツがどんなものかご存知のはず。とにかく基本として「VRゴーグルをかぶる」というルールは絶対。VRゴーグルなくしてVRコンテンツは楽しめず。それがVR業界の常識であり、当たり前の知識。確かにそれは間違っていない。

楽しさを伝えるのが難しい

だからこそ、VRコンテンツは「その楽しさ」を人に伝えるのが難しい。従来のゲームや映画の場合、写真や動画で雰囲気を「ある程度」伝えることができた。しかしVRコンテンツは「やってみないとわからない部分」があまりにも多すぎるため、その世界に没入しないと楽しさがわからないため、未体験の人に楽しさを伝えるのが難しいのである。

プレイヤーを別視点から覗く

そんなVRコンテンツの弱点をフォローしたブースが「東京ゲームショウ2016」で大きな話題を呼んだ。なんと、VRコンテンツの世界に入ったプレイヤーを別視点から覗き、プレイヤーがどんな世界に没入しているのかわかる映像が披露されたのだ。

CIRCLE of SAVIORS

そのコンテンツのひとつが、株式会社PDトウキョウの「CIRCLE of SAVIORS」である。プレイヤーはVRゴーグルを装着し、コントローラを両手に持ち、グリーンバックに包まれたフロアでゲームを楽しむ。

「CIRCLE of SAVIORS」はバトルアクションゲームで、美麗な世界でモンスターと激しく戦う。プレイヤーの目の前に広がるのは、そんな異世界で自分に襲いかかるモンスターたちの姿。

プレイヤーが没入している世界を第三者が楽しむ

まあ、ここまでなら他のVRコンテンツと同様のプレイ感覚だろう。VRゴーグルをつけているプレイヤー以外は、なにも面白くない。しかし画期的なのはここからだ。

グリーンバックで格闘するプレイヤーの姿をビデオカメラで撮影し、リアルタイムにゲーム世界の映像と合成。VRゴーグルを装着していない観衆が、ゲーム世界で戦うプレイヤーの姿をモニターで見ることができるのである。つまり、プレイヤーが没入している世界を楽しむことができるのだ。

各視点

プレイヤー視点: 自分の目線でゲーム世界を見ている(おもしろい)

観衆モニター視点: ゲーム世界で戦うプレイヤーを見ている(おもしろい)

観衆視点: VRゴーグルをつけたプレイヤーを見ている(つまらない)

コンテンツの価値を昇華させる技術

これらのVRコンテンツは、HTCとValveの協力により生まれたVRシステム「Vive」が可能にした。「Vive」は全身を利用したゲーム操作が可能で、VRゴーグルとカメラのみのVRコンテンツよりもプレイヤーの表現力が高まる。さらにグリーンバックの使用によって、VRゴーグルを装着していない第三者も、ゲーム世界の映像を楽しめるようにコンテンツの価値を昇華させることができた。

これからのスタンダードになり得る

今までもプレイヤーの視点をモニターに映し出すVRコンテンツはいくつかあったし、それが定番になりかけていた。それしかVRゴーグルをつけていない観衆がVRコンテンツを楽しむ方法はないと思われていた。

しかし、このグリーンバック方式でプレイヤーとゲーム世界を合成することにより、よりVRコンテンツの世界を観衆が楽しめるようになったのである。

非常に有効な手段といえる

もちろん、このシステムを家庭で楽しむためにはそれなりの設備と費用が必要となるが、このようなゲームイベントでは、VRコンテンツの楽しさをより多くの人たちらに伝える手段として非常に有効なのは間違いない。

このような試みは「CIRCLE of SAVIORS」以外のブースでも行われていた。これからこの手法がどんどん広まれば、VRコンテンツが普及するスピードが加速するはずである。

(image by 筆者)