今年、VR/ARは急速に普及し進化を始めた。その記憶される起点となった2016年こそVR元年と呼ぶに相応しい年であり、その名にふさわしい様々な展示が、ここ「CEATEC JAPAN 2016」で行われていた。技術は私達をどこまで連れて行ってくれるのか。そこではどんな魔法の如き科学技術を体験することが出来るのか。

ハングライダーの存在感!

タイコエレクトロニクス ジャパン(TE Connectivity)は、VRハングライダー体験デモンストレーションを行っていた。タイコエレクトロニクス ジャパンは電子部品の製造・販売を行っている会社だ。自社のセンサーなどを活用し、本物のハンググライダーを用意しての大規模なデモ。ブースの一番目立つところに設置されたハングライダーは、CEATEC会場内でも非常に目立っていた。

使われているTEの製品とは

このデモで使用されているTEの製品は、VR用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)のインターフェースケーブルをはじめとした、さまざまなセンサーやコネクター。このデモでは、VRのような大容量のデータを伝送することにも耐えうることをアピールしていた。

デモンストレーターが飛行する

このデモを体験するのは、TEの用意したデモンストレーター。彼女にとって、このVRハングライダーが初めてのVR体験らしく、ひじょうに緊張した面持ちで登場した。何しろ実際に、ハンググライダーの機体ががワイヤーで釣り上げられるのだ! 

リアリティ満点の飛行ツアー

ハングライダーは宙に浮き、サーキュレーターで風が送られる。もうこの時点でガチのハングライダー体験とも言えるような気がするが、お楽しみはここから。体験中はHMDに映し出される映像に合わせ、ハンググライダーの機体が右へ左へ傾いたり。上下左右にも動くのでかなり本格的。体験する飛行ツアーの内容は、連なる山脈や溶岩地帯、洞窟、海の上など。時折TE社の製品が映り込んでいたのが面白い。

私も体験しておきたかったが、思いのほか希望者多数で選ばれることができなかった。いつか機会があれば、ぜひ体験してみたい。

もう一つのVR体験

VRハングライダー展示のちょうど裏側では、HTC製のVRHMD「Vive」の体験展示が行われていた。ここでもTEのインターフェースケーブルが使用されているようだ。せっかくなので、こちらで展示されていたゲームを体験してみることにした。

フルーツを斬りまくるゲーム!

ゲームは、HTC Vive向けの「フルーツニンジャ」。HTC Viveのコントローラーが刀となり、二刀流で果物を斬りまくる! このコントローラーを使うことで、フルーツを突き刺したりぶった切ったり、弾いたり。VRならではの激しいアクションを生み出せるのだ。

こちらがVINEのHMD

HTC ViveのHMDの解像度は、両目を合わせて2Kほどだという。特長として「ルームスケール」を謳っており、VRヘッドマウントディスプレーをつけたまま最大で5×5メートルの場所の中を歩けるらしい!「移動出来る」ことは、視覚的VRにバーチャルではない空間の演出が加わる事であり、これからの本流とはこれだ!と意識させるのに充分な機能である。但し今回のゲームは座って行うので、この機能を体感することはできない。グヌヌ…残念。

はっきり言って、超気持ちイイ!!

しかしながら、この「フルーツニンジャ」というゲーム自体はひじょうに面白く思いのほかエキサイティングしてしまった。特に、横一列に並んだフルーツを平行にサクッと斬れた時の爽快さといったら!…これ欲しい予感!思わぬところでVRゲームへの期待感を煽られてしまった。

大規模な体験でも家庭で楽しめるゲームでも、VRを楽しむためにはHMDの存在は必要不可欠。今回の展示では、それを支えるインターフェースケーブルやセンサー、コネクターを生み出すTEの圧倒的な技術力を見せつけられた形だ。

(image by 筆者)