一眼レフ、二眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ。そして撮影後に焦点合わせが出来るライトフィールドカメラ。フィルムからデジタルにその記憶媒体が進化した時、それはカメラの持つ可能性が大きく飛躍する時となりました。センサーの画素数は年々上がり、AF機能、手振れ防止機能など美しい写真を撮影するための機能向上は目を見張るものがあると言えるでしょう。そして、コンパクトデジタルカメラとして今現在最高の進化を遂げたものが Light L16 です。

16個のセンサーモジュールが生み出す驚異の画像

35mm F2.4 最短10cmのレンズを5つ、70mm F2.4 最短40cmのレンズを5つ、150mm F2.4 最短100cmのレンズを6つ、それらそれぞれズームを持つ計16個のセンサーモジュールをびっしりと配置し、1度のシャッターで10個のセンサーが撮影、異なる焦点距離の画像データを合成することで最大5200万画素の画像が生成されます。その画像は撮影後に被写界深度の変更も可能で、望む美しいボケ味を得ることが出来ます。

欲しいなら今すぐ登録を!

複数のセンサーモジュールと内蔵ソフトウェアで画像に複数の機能を盛り込むことを可能とした新しいカメラ Light L16、アメリカで2016年夏に予価$1699で発売予定です。昨年から行われていた予約受付は既に終了済みですし現状では日本への発送は対応してくれていませんが公式サイトでメールアドレス登録をしておけば、発送対応時にメールを送ってくれるとのこと。カメラの未来を手に入れてみませんか?

(image by Light)