スマートフォンを活用した配車サービスを手がけているアメリカのUberは、個人の車をタクシーに仕立てるなどの独特なアイディアでタクシー業界に革新をもたらしました。さらに、自ら自動運転車の開発を手掛けており、2016年5月19日(米時間)にアメリアのペンシルベニア州ピッツバーグの公道で自動運転車の試験走行を開始したことが明らかとなりました。

一見タクシー?複数カメラを備えたハイテク感あふれるビジュアル

 こちらがウーバーが開発中の自動運転車ですが、見た目はなんといってもルーフに取り付けられたカメラがハイテク感にあふれています。実験用に使用されている車両は提携しているフォードのハイブリッド車に、カメラには歩行者や障害物を感知する技術が取り付けられています。運転席には熟練のドライバーが座り、いつでもマニュアルに切り替えるために公道でのテスト走行の安全性を保障しています。初の公式でのお披露目となった自動運転車は多くの住民の目を惹きつけました。

複数他企業との提携で実用化への足がかりに

 Uberは2016年4月にFordやGoogle、Lyft、Volvo Carsの4社とともに、「Self-Driving Coalition for Safer Streets」と呼ぶ企業連合を組みました。日本語で安全な道路交通のための自動運転協議会という意味合いで、国や州などの相互で異なっている規制や規定を明確化することで自動運転の実用化へを促進させる目的があります。さらに、同年の5月にトヨタ自動車がUberへの戦略的投資をすることが明らかになりました。Uberは自動運転技術を巡る競争が激化する中、大手と提携することで技術を共有し他よりも一歩先に前進しようとしています。ついに実用化まであと一歩というところまで迫ってきましたね。

自動運転タクシーの実現が現実的に

 Uberは元々タクシーの配車サービスから発展させ、シェアライドサービスを立ち上げた企業です。つまり、自動運転を開発する先にある理想は「タクシーの無人自動運転化」です。それはまだSFの世界である思うかもしれませんが、ここまでの急激な成長を遂げているUberならあと数年で実現するかもしれませんね。2020年の東京オリンピックが開催される頃には無人自動タクシーが走っているなんてこともありえます。

via : uber
(image by amanaimages)