Facebook社は米国時間23日、空間音響の技術開発を行う英企業「Two Big Ears」を買収し、同社のVR用音響ツール「Facebook 360 Spatial Workstation」の無償公開を開始しました。

Facebook 360 Spatial Workstationとは

これまでTwo Big Earsが「3Dception Spatial Workstation」として有料販売していたソフトウェアスイートです。エンコーダやオーサリングツールなど、3Dサウンドの制作に特化したソフトが含まれています。

3Dサウンドでは従来のステレオサウンドに比べて「前後感」が豊かに表現されるため、VRコンテンツに適したよりリアルな音響を生み出すことができます。

主要DAWに対応するプラグイン

同ソフトウェアには「FB360 Control」と「FB360 Spatialiser」という2つのプラグインが含まれており、音響空間のシミュレートや音源の座標指定を行うことが出来ます。こちらはPro ToolsやCubaseといった主要なDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)にて使用可能です。

また、デフォルトの状態では「音源の座標は頭の動きに追従」する設定になっているのですが、チェックを外せば固定することもできるので、映像を扱わない音声作品の制作者にも嬉しいツールかもしれません。

現時点ではMacのみ対応

執筆時点ではMac OSX 10.7以降のみのサポートとなっていますが、Two Big Ears自身が「プラットフォームに依存しない技術を提供する」と語っている通り、近くWindows版も公開される予定です。今後の展開が楽しみですね。

公式ページ:https://facebook360.fb.com/spatial-workstation/