Galaxyを装着することで手軽にVRが楽しめるSamsung Gear VR。ゲームコンテンツで遊ぶためのコントローラーがないことが弱点とされていましたが、専用ワイヤレスコントローラーが開発されているようです。

開発中コントローラーの画像流出

Samsung Gear VRは、スマートフォン(Galaxy S6、S6 Edge)を装着して使用するVRヘッドセットです。基本操作は本体側面部のタッチパッドやボタンで行いますが、純正のゲームパッドが一般発売されていないため、VRの魅力を最大限活用できるゲームコンテンツを楽しむには、サードパーティ製のコントローラーを利用するしかありませんでした。

しかし、その問題も近日中に解決しそうです。Samsungが開発していると思われる専用コントローラーの画像がリークされたのです。

形状は一般的なゲームパッド

ファミコンのようなシンプルなコントローラーです。ABXYの4つのボタンに中央のメニューボタン。十字キーではなく3Dスティックがついています。人差し指に当たる部分にはLRトリガーボタン。その間にはBluetoothのペアリングボタンも確認できます。

本体に収納できる

特筆すべきは、このコントローラー、使わない時には本体に収納できるのです。これなら邪魔にならず、使いたい時に探さなくてもすむ親切設計となっています。

Oculus Riftの専用モーションコントローラー「Oculus Touch」はその独自性が注目されていましたが、このGearVRのコントローラーはなじみ深いデザインで使い勝手がよさそう。価格や発売時期など詳しい情報はまだ明らかになっていませんが、今年中に新型Galaxy NOTEと同じタイミングで正式な発表がありそうです。

(image by Samsung)
(image by Samsung Mania)