Apple Watchをはじめとするスマートウォッチは、いつも身に着けられて便利なガジェットですが、ディスプレイが小さすぎるのが難点。小さな画面では指で操作しづらく、機能面でも出来ることに制限が加わってしまいます。

そんな問題を解決するのが今回ご紹介する「Skin Track」。人間の皮膚をインターフェイスとして、腕全体をタッチ領域に拡張する最新テクノロジーです。この技術を開発した米カーネギーメロン大学のFuture Interface Groupはデモ動画を公開しています。

指輪型の端末を装着すると、スマートウォッチに接続されたリストバンド型の端末が電気信号を受け取り、指の位置を計測します。さらに肌に触れるとX軸とY軸のデータを取り込み、タッチされた場所を特定するのです。

Skin Trackで出来ること

お絵かき

スワイプで画面切り替え

上下にスクロール

手の甲がテンキーに

手に記号を書いてショートカット

(たとえばSを書くとサイレントモード、Aと書くとアドレス帳を起動など)

どれも便利ですね! 他にもアイコンを画面からドラッグして腕の上に置いて、そのままショートカットとして使ったり、腕をゲームのコントローラーにしたり、ありそうでなかった操作法が紹介されています。

ウェアラブル端末の可能性が注目されるなか、これからは私たちの身体も「デバイス」として捉える時代がやって来そうです。

(image by figlab)
(image by Youtube)