2016年7月20日にMobageなどを手がけるディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸が、共同プロジェクト「ロボネコヤマト」を発表しました。

サービスの開始時期は2017年3月から1年間で、実証実験を行う予定。DeNAが持つIT技術を活した自動運転サービスヤマト運輸の物流ネットワーク、この2つが組み合わせることで、利便性の高いサービスを提供していくとのことです。

気になるサービス内容

今回の実証実験は国家戦略特区で実施され、「オンデマンド配送サービス」と「買物代行サービス」が行われます。

オンデマンド配送サービス

今まで宅配便を受け取るときは自宅かコンビニくらいでしたが、ロボネコヤマトの「オンデマンド配送サービス」は好きな場所で荷物を受け取れます

また、手持ちのスマートフォンで荷物の現在地や到着時刻の確認もできます。

共働き夫婦、一人暮らしの方をターゲットにしたサービスです。

買物代行サービス

地域にある複数の商店からインターネット上で商品を購入し、「オンデマンド配送サービス」を利用して一括で宅配してもらえるサービス。小さな子どもがいる家庭やお年寄りの方をターゲットにしています。

使用車両のデザイン

ロボネコヤマトの専用車両は市販で売られている車を元に、荷物の保管ボックスを後部座席に設置。

ヤマト運輸というと、大型のトラックを思い浮かぶと思いますが、今回はコンパクトな車両が使用されます。

自動運転導入時の車両は記事執筆時点では未定です。

自動運転が作る未来

物流業界ではトラック運転手が年々減少傾向にあるものの、反比例するように宅急便などの配達数は増えています。今後、自動運転技術が当たり前になることにより、この問題が解決に向かうかもしれません。

また、消費者にとっても自分の希望する場所で荷物を受け取れるため、宅配便を気にしながら1日の予定を立てるなんてことも少なくなるでしょう。

(image by PEXELS)