7月21日にソフトバンクとホンダがAI技術「感情エンジン」を活用する方法を共同で研究すると発表しました。

感情エンジンとは、ソフトバンクグループの子会社である「cocoro SB」が開発した技術で、AI自らが擬似的に感情を生み出します。

ソフトバンクとホンダが共同研究

今回の共同研究では、感情エンジンを車に活用することを発表。ドライバーとの会話音声や各種センサー、カメラの情報からAIがドライバーの感情を推定します。

それにより、ドライバーが搭載されたAIを友達のように接することができ、さらに車への愛情を感じでもらえることを目指しています。

また、感情エンジンの技術により、AI自身が多くの経験を人間と共有することで成長。人間側も心を持って話しかけることで、AIと人間という新しい関係が生まれることを想定しています。

車と心を通わす時代到来!?

SF映画や小説のなかではAIとコミュケーションを取り、絆を深めていく作品がありましたが、いよいよ現実のものとなりそうです。

もし、感情持つ車が出てきたら何度も乗るうちに愛情が芽生え、安全運転を心がける人が増えるかもしれませんね。

(image by PEXELS)