会話しながらメニューを考えてくれるIoT電子レンジがシャープから登場しました。IoTとはインターネットにつながり、センサーと通信機能を持った物のことを言います。

これまでは食品を温める機能が主だった電子レンジ。しかし、音声認識技術とAI機能の発達により、これまでの電子レンジの機能を大きく超えることに成功しています。

今回はそんなシャープのIoT電子レンジ「ヘルシオ」<AX-XW300>をご紹介します。

最大の魅力はクラウドサービス「COCORO KITCHEN」

シャープの電子レンジ「ヘルシオ」<AX-XW300>の公式サイトは下記のとおりです。

この電子レンジの最大の魅力はクラウドサービス「COCORO LOTCHEN」です。

「おはなし」キーを押すと、クラウドサービス「COCORO LOTCHEN」につながることができ、その状態でしゃべりかけると献立の相談を行うことができます。

「COCORO LOTCHEN」には約1000種類の料理が保存されており、献立の相談を行うと、莫大な料理のデータベースからあなたに最適な料理を提案してくれます。

これは、音声認識機能とAIの技術が発展した今だからこそできる新しいサービスです。

「COCORO KITCHEN」があるとこんなに便利!

「COCORO KITCHEN」は主婦の強い味方になるでしょう。

例えば、夕飯に何を作ろうか迷った時には、いま冷蔵庫に入っている食材を伝えることで、「COCORO KITCHEN」がクラウド上に保存されている料理から最適なものを提案してくれます。

また、アレルギーや病気がある方はそれを伝えることで、健康に配慮した料理も提案してもらえます。

ずぼらな男性でも、簡単ですぐ作れる料理を提案してほしいと伝えれば、膨大なクラウド上のデータベースから、最適な料理を教えてくれますよ。

一人暮らしの方は栄養バランスを考えた食事を提案してもらえるといいですね!また、あまった食材でできる料理も提案してもらえるので、食材を腐らせることもなくなりそうです。

「COCORO KITCHEN」は主婦の強い味方であり、一人暮らしの方やずぼらな男性にもおススメのサービスです。この機会に、時代の最先端を行く電子レンジを試してみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages1 2)