日本マイクロソフトは、Windows10を搭載した自己完結型ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」を日本の開発者および法人向けに提供することを決定し、2016年内中にはプレオーダーを開始することを発表しました。

Microsoft HoloLensとは?

(image by Microsoft HoloLens)

HoloLensとは、現実世界と3D映像を組み合わせることができるホログラフィックコンピューターです。作りはPSVRのようなVRゴーグルと似ていて、使い方も頭に装着するため似ています。しかし、現実の風景に3D映像が重ねるため、ゴーグル部分は半透明。

半透明のため、HoloLensを装着しながら室内を自由に歩き回ったり、作業をしたりと、新しい働き方ができます。

また、HoloLensにはWindows10を搭載しているため、PCやスマートフォンとの接続がいらないので、動き回るのときも煩わしくありません。

SF映画の世界がすぐそこに!

SF映画やアニメで、何もない空間にパソコンのモニターや3Dグラフィックを表示するシーンを見たことがあると思います。HoloLensを装着すれば、映画のワンシーンと同じようなことができるというわけです。なんだけワクワクしてしまいます。

2016年はVRやAR、AIといろいろなテクノロジーにスポットライトとが当たり、次はMRの番となりそうですね。

(image by amanaimages)