2016年10月下旬に行われたAppleのイベントで発表された『MacBook Pro(Late 2016)』。スペックの向上もさることながら、新たに「Touch Bar」や「Touch ID」が搭載され、会場を沸かせました。

しかし、新型のMacBook ProにはMacを起動する際の「ジャーン」という音が流れません。長年Macを愛用してるユーザーにとっては、何だか寂しいですよね。

そこで、今回はMacBook Pro(Late 2016)で起動音を流す方法を紹介します。

起動音を無効化されていだけ!

実は、起動音は廃止されたわけではなく、システム上で無効化されていただけなのです。つまり有効にすれば、また「ジャーン」という音が聞けます!

有効化

起動音の有効化はとても簡単で、「ターミナル」を開いて、「sudo nvram BootAudio=%01」というコードを入力してください。

無効化

起動の度に「ジャーン」が聞けるようになったけど、やっぱりいらないと思ったときは同じようにターミナルにコードを入力します。

sudo nvram BootAudio=%00」と入力すれば起動音が無効化されます。

デバイスを象徴する起動音

PCやスマホ、ゲームハードなどのデバイスは機能面だけでなく起動音にもそれぞれ特徴があります。今回のMacBook Proの起動音廃止のニュースが報じられたときも「もうMacじゃない」と言うユーザーもいるほど、起動音はデバイスを象徴するものです。

そう思うと普段何気なく聞いている起動音が特別なものに思えますね。

少し手間ですが、今使っているデバイスを再起動して、ぜひ起動音を聞いてみてください。

(image by PEXELS)