「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営や、「ほぼ日手帳」の販売をしている株式会社ほぼ日がリリースしているアプリ「ドコノコ」。

犬や猫の写真を撮影して、みんなで共有するアプリです。シンプルで使いやすく、写真を眺めているだけでも楽しめるのがいいところ。

そこで今回は「ドコノコ」の使い方を紹介します。

目次

  • ドコノコとは?
  • 「ひろば」でワンちゃんやネコちゃんに出会おう
  • ユーザー登録してもっと楽しむ
  • 愛犬・愛猫のマイブックを作ってみよう
  • 写真を投稿する
  • エリアと放送局を覗いてみる
  • ドコノコで小さな本を作っていく

ドコノコとは?

ワンちゃんやネコちゃんの写真をスマホで撮影して、投稿できるアプリです。犬猫版インスタグラムだと思うと分かりやすいかもしれません。

投稿された写真を眺めるだけならユーザー登録も必要ないので「手続きが面倒」「写真だけが見たい」という人でも充分楽しめます。

ドコノコをダウンロード(iOS)
ドコノコをダウンロード(Android)

「ひろば」でワンちゃんやネコちゃんに出会おう

アプリを起動するとスマホ画面には、可愛い犬や猫の姿が広がっています。「ひろば」ではユーザーが投稿した写真が公開され、あなたが投稿した写真も同じように追加されていきます。

ユーザー登録をしてもっと楽しむ

写真の投稿や他のユーザーをフォローするには、ユーザー登録が必要となります。

画面下の「おうち」をタップすると、画面が切り替わるので「ユーザー登録」をタップしてください。タップすると、まず3つのチェックが表示されるので、このことを守れるユーザーだけが登録できます。全てにチェックを入れて「ユーザー登録」をタップします。

登録方法は「Facebookアカウント」と「メールアドレス」の2種類あるので、好きなほうを選んでください。

登録が完了すると「おうち」が画像のようなページに変わります。

愛犬・愛猫のマイブックを作ってみよう

ユーザー登録が完了したらマイブックを作りましょう。

「新しいブックをつくる」をタップするとどのブックを作るか聞かれるので、3種類の中から選んでタップしてください。選ぶと次に、動物の名前とアイコン画像を決めます。

全ての作業が完了すると、「おうち」にブックが表示されます。

写真を投稿する

画面下の「カメラマーク」をタップします。「フォトライブラリ」「写真またはビデオを撮る」「みてみてコードを読み取る」の3種類があるので3種類の中から選びます。本記事では「写真またはビデオを撮る」を選択しました。

カメラ画面に切り替わり、撮影できるようになります。使い方はカメラアプリと同じで、シャッターボタンをタップして撮影します。

撮影すると画面が切り替わるので、問題なければ「投稿」をタップして完了です。

放送局とエリアを覗いてみる

放送局ではテーマに沿った写真やドコノコ編集部が選んだ写真が表示されます。

また、エリアでは、自分がいる場所の近くで投稿された犬や猫がわかります。

ドコノコで小さな本を作っていく

「ドコノコ」は難しい操作もなく、簡単に使えるアプリです。ブックを作って愛犬・愛猫のアルバムにするのもよし、成長記録にするのもよし、自分が一番使いやすい方法で楽しみましょう。

(image by amanaimages)