April 21, 2020

エムツーがTGSにイラストをヌルヌル動かす『E-mote』を出展 | ミライFAN [ミライファン]

9月15日〜18日の間に開催される「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」に、有限会社エムツーがイラストを立体的に動かす『E-mote』をビジネスデイに出展します。 VRコーナーを新設!東京ゲームショウ2016はVRゲームで遊ぼうE-moteとは?E-moteは2Dイラストのキャラクターを簡単に立体的なアニメーションに作成できるエンジンです。キャラクターの表情や向き、手足の動作を動かすことができ、3Dモデルでは難しいイラストの質感の再現が可能です。 E-moteはmコンシュマーゲームやアーケードゲームなどのさまざまなゲームに導入されています。名前は初めて聞いたけど、2Dキャラクターが滑らかに動いているの見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。 ビジネスデイに出展エムツーはE-moteのほかに、2DイラストのキャラクターをVR空間上に表示する技術デモや、イラスト1枚から24種類のアニメーションスタンプを自動生成する『動くE-moteスタンプ』の展示も行います。 VRで美少女とイチャイチャできるぞ!会場では、10月に発売されるPS Vita用ゲーム『プラスティック・メモリーズ』のキャラクターの頭を撫でたり、体を触ったりとVR上で触れ合えます。 VRデバイスにはプレイヤーの位置を検出するHTC Viveを使い、現実の空間にはキャラクターをイメージしたマネキンに取り付けた触覚センサによって、プレイヤーからのタッチを検出してコミュニケーションを行います。 また、Steamで配信しているノベルゲーム「Tokyo School Life」と「Malus Code」から合計6人のヒロインをVR空間上に表示し、ハーレムVRが展示されます。 その場で描いたイラストが10分でスタンプに! 来場者が描いたキャラクターのイラストをその場でE-mote化し、キャラクターの表情アニメにセリフやエフェクトを追加して24種類のアニメーションスタンプを自動生成するデモを行います。 イラストを描くだけ、全工程約10分で簡単に作成可能です。スタンプのサイズはLIN のアニメーションスタンプの仕様に沿ったものとなります。 ブース情報日時 2016年9月15日(木)・16日(金)10:00〜17:00出展ブース番号 4-N05(ビジネスソリューションコーナー)2次元キャラと触れ合える時代に多くのアニメファン、ゲームファンが望んでいた2次元キャラクターとの触れ合いが、VRの登場により、もうすぐそこまで来ています。むしろ、2次元のほうから現実世界に来ているといっても過言ではありません。 2016年はVR元年と言われていますが、次元の壁を超えた年といってもいいのかもしれません。 (image by 有限会社エムツー)