September 18, 2020

Google Analyticsでサイトの課題発見&気付きに繋がる4つのカスタムレポート | ミライFAN [ミライファン]

今回は、「カスタムレポート」というGoogle アナリティクスの機能を紹介いたします。 「カスタムレポート」とは、一文でまとめると「自分で好きな項目を選んでレポートを作成できる」機能です。自由度は非常に高いのですが、どのように設定すればよいかわからず、利用していない方も多いのではないでしょうか? 今回は筆者が利用していカスタムレポートの中から、使用頻度が高い4つを紹介いたします。また、カスタムレポートは「共有」機能があるため、誰でもワンクリックで自分のアカウントに反映することができます。 カスタムレポートそのもの具体的な作成方法は本記事では省略しています。作成方法が気になる方、こちらの記事(gaforum.jp)をご覧ください。 カスタムレポート1:集客分析レポート サイトにとって課題となる流入元、成果に貢献している流入元などを把握する事ができます →自分のGoogle Analyticsのアカウントに反映するにはここをクリック 集客分析レポートとは、サイトに訪れる人がどこからきているか?どういう特徴を持っているのか?そして成果にどれくらい貢献しているかを把握するためのカスタムレポートです。 集客担当者はこのレポートと次に紹介する「キーワード分析レポート」を追いかけておけば大丈夫です! 本レポートは3つの要素から構成されています。「レポートタブ」の下に「流入効果」「流入属性」「目標」のリンクがあり、内容を切り替えることができます。 「流入効果」では、参照元/メディアごとの「訪問数」と「直帰率」の3つ指標が存在します。流入元のボリュームと、質(直帰率が高い=悪い流入元、直帰率が低い=(一般的には)良い流入元)を確認できます。 「流入属性」では、参照元/メディアごとの「訪問数」と「訪問時の平均滞在時間」と「新規訪問の割合」を確認することが出来ます。新規の人を連れてくる あるいは 長く滞在してくれる流入元がどこかを把握し、それらを増やす施策を考えてみましょう。 「成果」では、サイトのゴール達成や売上げに関する情報を確認することが出来ます。こちらはスクリーンショットを見ながら説明をしていきます。 目標の完了数」は、サイトで設定した全ての目標の、達成回数を確認することが出来ます。「コンバージョン率」は、目標の完了数÷訪問回数 で算出され、流入してきた時に目標を達成する確率をあらわしています。例えば7位のlinkshareは他の流入元と比較してコンバージョン率が高い(3.64%)ことがわかります。 その隣の「目標値」はこのレポートでは設定していませんが、1目標達成あたりの金額を設定している場合は、その金額が算出され表示されます。こちらも高いほうが良いです。 最後に「収益」はその名前の通り、どれくらいの儲けがあったかを表示しています。主にECサイトで利用されます。こちらは計測記述の追加実装が必要になりますが、流入元がどれくらいの売上げに貢献しているかが一目でわかる大変有効なレポートです。数値を見てもわかるとおり、目標の完了数の降順 と 収益の降順は一緒ではありません。 TIPS カスタムレポートの上部にある「編集」ボタンを押すと、カスタムレポートの中身を編集することが出来ます。以下は「集客分析レポート」の編集画面です。タイトル・名前・指標グループ(青い箱)・ディメンションの詳細(緑の箱)が変更できる主な箇所になります。現在作成されているものを参考に、自分のサイトにあった形に編集してみましょう。 例)「目標の完了数」ではなく、特定の目標だけの数値を見る 例)「収益」は取得していないので、削除する →自分のGoogle Analyticsのアカウントに反映するにはここをクリック カスタムレポート2:キーワード分析レポート …